お葬式は多様化している

お葬式は多様化している 昔は隣近所、また親戚の付き合いが濃く、何をするにしても周囲の意見を聞いてということが多かったという人も少なくありません。特にお葬式などの儀式に関しては、周囲と同じように、親戚と同じように行うということが当たり前でした。しかし現代は当たり前のように一般葬を行うのではなく、家族ごとにお葬式の形を考える事が多くなっています。

タレントさんなどの著名な方が故人の希望でお葬式は家族葬で行われた、また密葬で執り行いましたとニュースなどで聞くことがあります。また密葬とは別に直葬というお葬式も耳にするようになりました。お葬式のスタイルが多様化し、一般葬ではなくご遺族の意向や故人の遺言により様々な形で最後のお別れを行うようになっています。

直葬、密葬に関してはその違いがよくわからないという人も多いようです。直葬というのは通夜式、告別式などの宗教的儀式を行うことなく火葬のみで行う形です。参列される方も一般葬のように大勢が来るということではなく、故人と生前近しい関係にあった人が参列し執り行います。

密葬とは何かというと、ごく親しい人のみで通夜式、告別式、火葬を行います。一見家族葬と同じような形に感じますが、逝去されたこともお葬式を行うことも他へ知らせることなく、文字のごとくひっそりと行うイメージがあります。家族葬の場合は逝去したことは周囲に告げ、参列したいという方がいても身内や本当に親しい人のみ参列していただくものです。そのため家族葬とも少し違う意味合いになります。どのようなお葬式を行うのか、それはご遺族、故人の希望に添うべきものとなるのが理想的です。周囲の方が通常の形で行った方がいいと意見するとしても、ご遺族にはご遺族の気持ちがあり、またご家庭の事情もあります。どのような形であれ、故人とご遺族が納得できる形となることが望ましく、最後のお別れはこうあるべきという通常の考え方は現代に当てはまらないのかもしれません。

密葬、直葬もお葬式の一つのスタイルです。こうしたスタイルを選択したいと思っている方は、どういった流れになるのか、どのような意味合いを持っているのか、深く理解しておくべきです。直葬も密葬もお亡くなりになった方を送り出す最後の儀式に変わりありません。どのようにとらえ、どのように形を作っていけばいいか、しっかり考えて最後のお別れをすることが大切です。密葬や直葬の流れやその違いなどもここできちんと理解してお葬式のスタイルを選んでいただきたいと思います。

最新ニュース